メラニア夫人 トランプ大統領と離婚するのか?身長.出身地はどこ?

u
スポンサーリンク

 

世界中から注目を集める美しい容姿でおしとやかなアメリカのドナルド・トランプ大統領の妻であり、アメリカ合衆国のファーストレディーのメラニア・トランプ夫人について纏めてみました。トランプ大統領の再選目前とも言われており、当選したらメラニア夫人も2期目を迎えますね。

最近では離婚間近と報道されていますが、実際のところどうなのでしょうか?トランプ大統領との馴初めや、メラニア夫人について改めて調べてみました。

 

サムネイルはTwitterにより引用

 

※トランプ大統領 前代未聞の愛されキャラ!支持者全米から1万人集結はこちら

トランプ大統領 前代未聞の愛されキャラ!支持者全米から1万人集結

11/15/2020

※バイデン氏 トランプ大統領批判.世界中から「恥は不正をしたバイデン氏」はこちら

バイデン氏 トランプ大統領批判.世界中から「恥は不正をしたバイデン氏」

11/10/2020

※トランプ大統領 勝利宣言!バイデン氏声明発表へ.投開票作業数日予想はこちら

トランプ大統領 勝利宣言!バイデン氏声明発表へ.投開票作業数日予想

11/04/2020

 

メラニア・トランプのプロフィール

メラニア・トランププロフィール

本名・・・Melania Trump(メラニア トランプ)
旧姓(スロベニア語・英語)・・Melanija Knavs・Melania Knauss(メラニア クナウス)
ニックネーム・・・メラニア夫人
誕生日・・・ 1970年4月26日(50歳)
出身地・・・ユーゴスラビア・スロベニア社会主義共和国 ノヴォ・メスト
国籍・・・アメリカ合衆国(2006年取得)
身長・・・5フィート11インチ(180cm)

職業・・・アメリカ合衆国ファーストレディ(元モデル)
配偶者・・・Donald John Trump(ドナルド・ジョン・トランプ)(2005年〜)
子供・・・Barron William Trump(バロン・ウイリアム・トランプ)
趣味・・・ファッション・建築・芸術・デザイン・美容

 

YouTubeより引用
メラニア夫人の出身地

 

1970年、当時のユーゴスラビア社会主義連邦共和国(現在のスロベニア)で、スロベニア共産主義者同盟(共産党)党員で国営自動車企業で働く父と子供服メーカーで働く母との間にに生まれる。

リュブリャナ大学を一年で中退後、18歳の時に、イタリアでモデルになる。

デザイン建築学を専攻していたのでトランプ大統領との繋がりを感じる。

1996年にユーゴスラビア内戦の影響(スロベニアは旧ユーゴでは比較的安定していた)で故郷を離れて渡米

外国出身のファーストレディは190年振りであり、イギリス出身のルイーザ・アダムズ(第6代大統領夫人)に次ぐ史上2人目。

 

u

Twitterより引用
仲睦まじい2人

 

トランプ大統領のプレジデントマスク!(楽天)↓

画像クリックでリンクします

 

大好きだからこそ!(楽天)↓

画像クリックでリンクします

 

 

トランプ大統領を応援しよう!(楽天)↓

画像クリックでリンクします

当選祝いのパレードに!(楽天)↓

画像クリックでリンクします

 

 

読みたい!(楽天)↓

画像クリックでリンクします

 

 

メラニア夫人は語学が堪能?

メラニア夫人は5ヶ国語を話す事が出来ます。スロベニア語・英語・イタリア語・フランス語・ドイツ語です。しかし、英語が苦手と言われております。

日本では、メラニア夫人の英語は「強いなまりがある」と言われていますが、アメリカでは移民が多いため全く気になりませんでした。

母国語以外の言葉で、国民そして世界に向けてスピーチする凛としたメラニア夫人、とてもかっこいいですね。

 

Twitterより引用
クリスマス

 

いかがでしたか?他の言語も聞いてみたいですね。

 

習得したら美女と話せる!(楽天)↓

画像クリックでリンクします

 

 

スロベニアのワイン飲んでみたい!(楽天)↓

画像クリックでリンクします

 

トリュフ塩!(楽天)↓

画像クリックでリンクします

 

 

『ヴォーグ』の表紙を飾ったトップモデルだった

長身のメラニア夫人は、180cmそして美貌を生かし18歳の時に大手モデル事務所と契約しイタリアでモデルデビュー。

大統領夫人となる迄、日本での知名度はなかったのですが、メラニア婦人は『ヴォーグ』等の有名誌で表紙を飾り、多くの特集をされるなどトップモデルとして大活躍しました。

 

 Twitterより引用
美しすぎます!

 

パリ、ミラノで経験を積んだメラニア夫人がニューヨークに移住したのは1996年でした。この頃モデルとして就労した事がのちに、永住権取得前だったので不法就労と叩かれましたが、入国管理法に抵触したことは一切ないと、夫人は疑惑を虚偽と声明で断言しました。2001年には永住権取得、そして2005年には世界最強の夫との結婚。

モデルのキャリアがあったからこそ渡米し、将来の伴侶となるトランプ大統領と出会えたのですね。

 

トランプ大統領との出会いは?

トランプ大統領との出会いは1998年のマンハッタン。ファッションウィークのパーティーでした。トランプ大統領はメラニア夫人に釘付け。そして番号を聞いたそうです。

メラニア夫人は「自分の番号は教えないけれど、あなたの番号をくれたら電話する」と、2度の結婚の経験もあり、しかも大富豪で女性との噂が耐えなかったトランプ大統領に対して警戒しつつもメラニア夫人もトランプ大統領を気になっていたようです。

メラニア夫人はトランプ大統領の情熱的でエネルギー溢れる所に惹かれ悩んだあげく連絡したそう。

 

Twitterより引用
素敵なカップルですね!

 

とても優しく、『史上最高に愛される大統領』と言われるトランプ大統領、そして口数少なく、政治には手出しはしないけれども、トランプ大統領を支え続けるメラニア夫人、本当に素敵なカップルです。

きっと出会った頃はトランプ大統領と本当にお付き合いをして、結婚するなんて思ってもみなかったことでしょう。

 

トランプ大統領と結婚

2005年、2人は結婚し、2006年3月にはメラニア夫人の第1子となるBarron William Trump(バロン・ウイリアム・トランプ)君を出産。

 

Twitterより引用
結婚当初

 

お2人とも若かったですね。トランプ大統領は現在74歳、写真は59歳でした。

 

Twitterより引用
バロン君

 

両親に似て長身で、どんどんかっこ良くなって来ましたね。バロン君はニューヨークのマンハッタン生まれで、マンハッタンのコロンビア・グラマー・アンド・プレパラトリー・スクールで教育を受けました。

きっと既に父のトランプ大統領からビジネスを学んでいる事でしょう。

 

メラニア夫人トランプ大統領と離婚する?

2人は離婚間近と報道されています。トランプ大統領は敗北し、ホワイトハウスから追い出されて、無一文となりメラニア夫人から離婚を叩き付けられると言うゴシップがアメリカ中から聞こえて来ます。

下記のツイートのように、「賭けるぜ!」と自信満々な意見も多い中、今回の大統領選挙が行われてから特にメディアの嘘の報道が目に余ります。

あくまで予想ですが、嘘の報道であって、離婚はしないと思います。

 

Twitterより引用
ゴシップ

 

私はトランプ大統領、そしてメラニア夫人が末永く添い遂げる事を望んでいます。目立つ2人ですから、わざと悪い噂を立てられてしまうようです。。。

 

イヴァンカ・トランプと不仲?

義理の娘であるイヴァンカ・トランプさんとの不仲も有名ですが。。。

メラニア夫人の暴露本が発売されました。

 

イヴァンカの関係者はこれを否定、メラニア夫人とイヴァンカの間にも「対立関係はなかった」と証言している。

 

Twitterより引用
本当は不仲ではない?

 

少なくともメラニア夫人は努力し、歩み寄っていると感じます。また、2020アメリカ大統領選挙をきっかけに不正と戦う中で、2人の距離も縮まったのではないでしょうか?

 

YouTubeより引用

 

まとめ

  • 世界中から注目を集める美しい容姿でおしとやかなアメリカのドナルド・トランプ大統領の妻であり、アメリカ合衆国のファーストレディーのメラニア・トランプ夫人について纏めてみた
  • 最近では離婚間近と報道されているがゴッシップの可能性が高い
  • 身長は180cmで元トップモデル

 

※トランプ大統領 黒人層から逆風.50セントなどラッパーから支持の声も!はこちら

トランプ大統領 黒人層から逆風.50セントなどラッパーから支持の声も!

11/03/2020

※トランプ大統領マスク姿をツイッターで公開!かっこいい!ロゴは?どこの?と反響はこちら

トランプ大統領マスク姿をツイッターで公開!かっこいい!ロゴは?どこの?と反響

07/24/2020

※トランプ大統領がマスクを着用!アメリカ人がマスクしない理由はこちら

トランプ大統領がマスクを着用!アメリカ人がマスクしない理由

07/17/2020

※カニエ・ウェストが大統領選挙への出馬をとりやめ!トランプも支持する大御所ラッパーはこちら

カニエ・ウェストが大統領選挙への出馬をとりやめ!トランプも支持する大御所ラッパー

07/15/2020

※アメリカ経済再開!第二波が心配されるニューヨークのレストラン事情はこちら

アメリカ経済再開!第二波が心配されるニューヨークのレストラン事情

07/19/2020

 

最後までお読みいただきありがとうございました。毎日投稿していますので、暇つぶしにお立ち寄りください。コメントお待ちしています。

Maddie

スポンサーリンク

2 件のコメント

    • 北脇様

      コメントありがとうございます。私は今でもトランプ大統領が大統領だと思っており、不正をしたボケた方を認めた事はありません。

      トランプ大統領は復帰しましたね。完全に戻ってくる日が楽しみです⭐︎

      彼ほど愛されている大統領はこれからも現れない事でしょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。