スマホに接続?8カ国語に翻訳スマートマスク「C−FACE」発売

Hello,開運メンターのMaddieです!!【私のプロフィールはこちらから】

スマホに接続?8カ国語に翻訳スマートマスク「C-FACE」発売をお伝えします。

スポンサーリンク

※アディダスのマスクについてはこちら

アディダス、直営店で「FACE COVER」マスクを発売!サイズ感は?

08/06/2020

アイキャッチはCNNから引用

8カ国語に翻訳スマートマスク発売

[CNN Business]日本でロボット製作を進めていたベンチャー企業が、その技術を応用して新型コロナウイルス感染のパンデミック(世界的大流行)に対応した「スマートマスク」を開発し、話題を呼んでいる。

ドーナッツ・ロボティクス社の小野泰助CEO(最高経営責任者)によると、スマートマスク「C―FACE」は通常のマスクの上に装着し、スマートフォンのアプリと連携させて使う。

素材はプラスチックとシリコン。内蔵マイクと自分のスマホを近距離無線通信「ブルートゥース」でつなぎ、音声を文字で表示したり増幅したり、翻訳したりすることができる。

翻訳機能は日本語と英語のほか中国、韓国、ベトナム、インドネシア、スペイン、フランスの各言語に対応。スマホとの距離は最大10メートルまであけられる。

同社は2014年、小野氏とチーフ・エンジニアの岡部崇史氏が福岡県北九州市内のガレージで創業。羽田空港の翻訳ロボット開発プロジェクトに応募し、候補の一社に選ばれた。

拠点を東京に移し、新たに3人のメンバーを採用して、17年には羽田で試作機の実証実験を開始していた。ところが今年、新型コロナウイルス感染拡大でプロジェクトがストップしてしまった。

そこで思い立ったのが、高精度の翻訳技術を応用したスマートマスクの開発だった。6月に日本のクラウドファンディングサービス「ファンディーノ」を通して投資を募ったところ、わずか37分間で2800万円が集まった。さらに先月、同サービスで5660万円を調達している。

12月までには国内で5000~1万枚を発売する。価格は1枚4000~5000円程度。海外での発売は来年4月以降になるが、すでに英国や米国から関心が寄せられているという。

CNNより引用
※CNNのURLはこちら

街の声は?

街の声を纏めてみた。

Twitterより引用 

本当にドラえもんの翻訳こんにゃくと同じようなものがこの世に現れるとは思ってもみなかった。

Twitterより引用 

お値段、みなさんもびっくりしますよね?しかし個数が少なくて入手できないだろう。

↓#1 猛暑に必須!ファン付きベスト。コメントが多く、送料無料!!友人も汗っかきで使用しているがマスクをしている今、とても快適だそう。

 

↓#2 送料はかかるが安く購入したい方にはこちら。「一度着用するともうこれなしでは作業ができなくなるくらい快適です。」と評価も高い。

#3 Amazonユーザーの方にはこちら!レビューも200件程の人気商品。

 

まとめ

スマホに接続?8カ国語に翻訳スマートマスク「C-FACE」発売をお伝えしました。

フォーブスによると日本国内で9月から5000台が出荷され、価格は3980円とされている。その後は米国や欧州、中国などでの発売も予定されている。

入手する日が楽しみである。

 

「こんな記事読みたい!!」などリクエストがありましたら、どんどんお聞きください。

コメントお待ちしてます☆

読んで頂き、ありがとうございます。

See you soon‼︎

Maddie

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。