NBA・オーランドマジック、ジョナサン・アイザックが試合中に怪我

NBAオーランドマジックのフォワードジョナサン・アイザックは、8月2日の午後にサクラメントキングスに対して行われたマジックの132から116の勝利の第4四半期に膝の怪我で倒れ、車椅子でコートから運び出された。

第4クォーターのわずか数分後、アイザックはフープに向かったとき、アイザックは左膝に痛みを感じ、床に倒れ、そこで数分間、明らかに苦痛を感じていた。

※NBAシーズン再開についてはこちら

NBA異例の国歌の間ひざまずき、シーズンを再開2020(動画付き)

07/31/2020

※エアジョーダンオークションについてはこちら

エアジョーダン競売に、マイケル・ジョーダン本人着用!史上最高額落札

08/03/2020

アイキャッチはCNNより引用
※CNNのURLはこちら

yahoo sportsより引用
yahoo sportsのURLはこちら

Twitterより引用

彼の怪我の重症度はまだ不明であり、マジックのコーチであるスティーブクリフォードは推測できなかった。ただし、現時点では、アイザックはウォルトディズニーワールドでNBAのバブルを去る必要はないと予想されている。

「明らかに状態が悪い」 「何か情報が入るまで、私はただ望むだけ、それだけです。」とクリフォードは試合後、ESPNのOhm Youngmisukを通じて語った。

アイザックは退場の際、ゲームで4ポイントと3リバウンドを持っていた。彼は1月上旬に左膝を負傷しており、シーズン内に回復はないと予想されていた。

22歳の選手は今シーズン平均12.1ポイント、6.9のリバウンドを記録し、リーグ3位となった。

一刻も早く回復を望む。

Twitterより引用

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。